生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

浮いた仮面 ~貴志川町(現紀の川市)国主~

 高野山を源にして59キロ。やがて紀の川に合流しようというあたりの貴志川は、古くからホタルの名所。いま、こどもたちの手で、ホタルの復活運動が盛り上がっている。
 そんな貴志川にも、のぞけば思わず引き込まれそうな深い渕がいくつかある。国主渕(くにしぶち)もそのひとつ。

 

  文禄元年(1592)のことという。大干ばつに見舞われたこの年の夏、村人たちは渕の水を汲み上げてしのいだが、そのとき、底の大木を動かすと大豪雨となり、同時に数知れぬほどの仮面が浮かんだ。

 

 桜井刑部という豪の者が、そのうち三つを拾い上げ、当時の領主と高野山、それに水汲みを指揮した郷士橋口家で保管したという。

 

(メモ:国主渕は諸井橋の上流約200メートル。その左岸に「大飯祭」を伝える大国主神社がある。仮面のひとつは、いまも岸小野の橋口家に保存されている。)

(出典:「紀州 民話の旅」 和歌山県 昭和57年)

f:id:oishikogen_fumoto:20200911180905j:plain

紀伊国名所図会 二編六之巻上 大国主神社と国主渕

国立国会図書館デジタルコレクション)

  • 国主渕は、大国主命(おおくにぬしの みこと)を創建の由緒とする大国主神(おおくにぬしじんじゃ)にほど近い場所にある貴志川の(深く水を湛えたところ)。かつては名勝として知られる行楽地で、周辺には烏帽子(えぼし)岩鞍懸(くらかけ)岩天狗岩龍宮岩などの名前が付いた大岩があり、屋形船による遊覧も行われていた。
  • 現在、国主渕近くの貴志川沿いには「きしべの里公園 ほたるの館」があり、ゲンジボタルの人工飼育を行っている。毎年6月には公園上流にある観賞池でゲンジボタルの乱舞を見ることができる。
  • 紀の川市教育委員会が作成した「国主渕」の案内看板には、「伝説」として次のような記載がある。

伝説 生き面

文禄元年(1592)大旱魃(かんばつ)があり、国主渕だけに水があった。
村人たちは35回も水をくみ上げたが、ついには呑水(のみみず)も枯れてしまった。

そこで、36回目に龍宮の洞穴にはまだ水があると見た村人達は、洞穴を塞ぐ大木を取り除くよう橋口隼人正(はやとのかみ)に頼み、橋口隼人正の客人となっていた桜井刑部(ぎょうぶ)が龍宮洞穴の大木を取り除いたところ、一天(いってん)にわかに掻き曇り豪雨と共に生き面が3面浮かび上がった。

三番叟面は高野山に、翁面は時の領主(現在十河(そごう)家に伝わる)に、残る鬼面橋口家に伝わった。

  • 紀州の伝説 (日本の伝説39) 角川書店」によれば、桜井刑部は橋口家に伝わる名刀「村雲」を携えて淵に飛び込み大木に切りつけたが、大木と見えたのは実は大蛇で、刑部は大蛇との戦いの最中に水中に現れた「生き面」のうち三つを捕らえて岸に這い上がったものの、大蛇は名刀を奪って逃げ去ったとする。また、面の行き先については、一面は紀州藩士の末孫十河弘氏宅、一面は橋口隼人の末孫橋口幸吉氏宅にあり、「橋口宅の面は、日照りで困ったとき、橋口家の子孫がこれをかぶって能を舞えば、たちどころに雨が降る、と信じられている」とする。
  • また「日本伝説体系9 みずうみ書房」によれば、桜井刑部が携えた刀は帝から頂いた銘刀「国次」とされ、大木が泥水とともに消え去った際に銘刀を失い、同時に水面に面が浮かんだとする。刑部は刀を探して再び渕に飛び込むが面のうち三面を捕らえたのみに終わったため、その後も毎日渕へ通ったが、7日後に急死したという。
  • 橋口隼人正の家系に連なる橋口家は地域の旧家で、紀北・泉南地域の村々の祭りで神事能「翁」を奉納した「貴志大夫(きし だゆう)」の家として知られているほか、室町時代以来、数度にわたって高野山を戦乱から守った家でもある。同家には多数の古文書などが残されており、中には、伊達政宗の書状や木食応其(もくじき おうご)に関わる古文書などの貴重なものもある。また、本文中で桜井刑部が拾い上げたとする鬼面は現在でも橋口家で所蔵されており、室町時代の作と見られている。(和歌山県立博物館 企画展「高野山麓の西端で―貴志川流域の文化財―」 令和元年)
  • 江戸時代後期に編纂された地誌「紀伊風土記」によれば、「昔当社前の淵に龍蛇ありて多く人をとり殺しゝかは、其蛇を神と祀り、年々生贄とて人一人を備へける」との記載があり、国主渕に住む龍蛇を抑えるために毎年生贄を捧げていたとの記述がある。
  • 但し、同記によれば生贄の話は「古伝説なるへし」としており、現在(江戸時代後期)では生贄の代わりに「貴志ノ大飯(きしの おい)」を作って供えることになっていると続ける。「貴志ノ大飯」とは、「白米12俵を飯に炊き、数万の団飯とし串に刺す。その串の数一万三千本。飯を大桶の上に山の如く積上げ、真中に幣を刺し、車に載せ数百人これを引きて神前に備へ、又社前の淵にも沈むるなり。」とあり、12俵分の白米で作った握り飯を串に刺して神前と国主渕に供えたとされる。
  • この行事は、「大飯盛物祭(おい もりもの まつり)」として現在も継承されている。準備の負担が非常に大きいため不定期の開催となっているが、直近では平成28年(2016)4月3日に開催された。この際には、竹軸で作った高さ約5メートル、直径約3メートルの熱気球様のものの表面に竹串に刺した6,000個の餅を取り付けて薦(こも)で覆った「盛物(もりもの)」を台車に乗せ、獅子舞やみこしなどに先導されて、紀の川市役所貴志川支所から大国主神社までの約2キロメートルの区間を「盛物節の歌」を唄いながら2時間以上かけて練り歩いた。
  • 前述の「紀伊風土記」では、その創建について次のような記述があり、大国主命が兄弟神に命を狙われた際に母親の教えに従って紀国の大屋毘古神(おおやびこのかみ 伊太祁曽神社主祭神である五十猛命(いたけるの みこと)の別名)のもとへ向かう際にここに立ち寄ったのが由来であるとしている。続けて、我が国に大国主命を祀る神社は多いが、当社がその本宮であるとも記述している。

古事記
大國主ノ神の兄弟八十神ましヽヽしに
八十神達、大國主ノ命を妬みて殺し奉らんと種々に困めしを
其御母神告教給ひていまし
此間にいまさは遂に八十神に滅ぼされんとの給ひて
木ノ國大屋毘古ノ神の御所(もと)にいそかしやり給ふ
とあり 
然れは 此地は 
其時大國主ノ神の來り坐しゝ地にて即其に斎き祀れるならむ
本國に大國主ノ神を祀る所の多きも此によれるなるへくして
當社其本宮なるへし

  • 大国主神社は、戦国時代の兵火により社殿や記録を焼失したため、由緒や沿革は定かでないが、和歌山県神社庁のWebサイトによれば、弘仁9年(818)、嵯峨天皇が神のお告げによって当神社を造営し、行幸のうえ境内に白槇をお手植えされたと伝えられているとする。また、同サイトでは、鳥羽上皇後鳥羽上皇の誤りか)も熊野行幸の際に御鳳輦(ごほうれん 鳳凰を飾りつけた輿)を寄付されたとも伝えられ、同上皇のお歌として「ふたまたや 又二股の川中に しるしの鳥帽子われは立ておく」との和歌を紹介している。

*****
本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(●印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。