生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

白岩谷と土蜘蛛 ~責志川町(現紀の川市)尼寺~

 町の北、和歌山市に接する山の斜面が、ゴルフ場に生まれ変って久しい。だが、かつてはこのあたり一帯に土蜘蛛(つちぐも)がはびこり、村人たちを悩ましたという。

 

  その土蜘妹を退治したのが、坂上田村麻呂(758~811年)。天皇の命を受けた田村麻呂は、手あたりしだいに土蜘珠を討ち取った。そのとき、あたり一面に血が飛び散り、斜面に露出していた真っ白い大岩を赤く染めた~とか。
 以来、この白岩に朱の斑点ができたともいう。

 

 土蜘珠。それはやはり、略奪をほしいままにした「土匪」の類であったのだろう。だが、伝説の拠点となったその岩さえ、いまどこにあるのか、土地の人たちも知らない。ただ「白岩」の地名と「白岩池」が残り、町内に多い「坂(阪)上」「田村」の姓が、田村麻呂との結びつきを語るにすぎない。

 (出典:「紀州 民話の旅」 和歌山県 昭和57年)

 

  • 近畿民俗学会の機関誌「近畿民俗」通巻82号(1980年)には、貴志川町北山タカ氏を話者として、「白岩谷の岩に斑点がついている。坊上(坂上の誤りか)田村麿がクモという賊を退治した時の血だという。カタメ竹で弓を作って射ると退治できるという夢のお告げがあり、それによって退治することができたという。」との記録がある。(国際日本文化研究センター 怪異・妖怪伝承データベース)
  • 江戸時代後期に編纂された地誌「紀伊国名所図会」には、「白岩谷に大岩が数多くあるが、みな赤く血の色のようだ。かつては白岩であったが、ここにいた土蜘蛛が人を取り殺すので帝の勅命により退治した際に、その血で赤く染まったものである」との記述に加え、「この岩の東の峰に深い岩穴がある。昔、ここに山賊が隠れ住み、鬼魅妖怪を企て人を脅し物を奪ったので、これを名付けて土蜘蛛という」との旨の記載がある。
  • 平成21年3月に紀の川市が発行した「恵みの源 受け継がれてきた水資源」によれば、次のとおり白岩谷池の周辺で大蜘蛛を誅したのは鎌倉時代の貴志荘の代官となっている。

南面する緩やかな傾斜地に棚田が広がる尼寺地区
その一角を占める白岩谷池の周囲は、古来、純白の巨岩に黒い斑点がみえると言われ、『紀伊風土記』では、人間を害した大蜘蛛が誅されて、その骨が化石となったものと記しています。
この大蜘蛛を誅したのが岸(貴志)正平という鎌倉時代はじめの貴志荘の代官(下司)で、数々の功績により人々から崇められ、「権大神」として祀られたといいます。

  • このように、当地に伝わる土蜘蛛退治の伝説には様々なバリエーションがあるが、これについて紀の川市に合併する前の貴志川町が編纂した「貴志川町」では次のような解説がなされている。

この伝説には、「紀伊国名所図会」の編纂当時から種々の説があって、かなりの尾ひれをつけて語られていたらしく、同書もこの地の里人が「蜘蛛岩なんどの名をよびて、俗説紛々たり」と記している。
おそらく、この白岩谷にかかわる伝説の一つであったのだろうが、昭和9年(1934)、田村安千代の編纂した「貴志郷土物語」には、この土蜘蛛退治を平安初期のこととして、退治したのは坂上田村麻呂であったという話を採録している。この白岩谷にまつわる田村麻呂の土蜘蛛退治伝説は、かなり広まっていたらしく、戦前編纂された中貴志村の「郷土誌」(中貴志尋常高等小学校刊)・丸栖村の「郷土誌」(丸栖尋常高等小学校刊)・西貴志村の「郷土誌」(西貴志高等小学校刊)にもそれぞれ紹介されてきた。
これらによると、坂上田村麻呂が土蜘蛛を退治する際、尼僧をおとりにつかったため、彼女のために一寺を建立したことから、現在の尼寺という地名が生まれたとするなど、貴志谷の地名起源説話も種々伝えている。
(中略)
以上の状況を整理すると、田村麻呂の土蜘蛛退治伝説は、この地に盤踞(ばんきょ)した坂上が同族を称する征夷大将軍坂上田村麻呂の死後、自分たちがこの地に住むようになった由来を大将軍に仮託して理解しようとして、作り出されたものと推定できるだろう。

  • 紀州の伝説 日本の伝説 39 中村浩・神坂次郎・松原右樹 角川書店 1979」には、これらの伝説のうち代表的なものが紹介されている。

国主神社の東方2キロあまりの高尾山(たかおやま)に、坂上田村麻呂の土蜘蛛退治の伝説がある。
昔、ここに棲んでいた大きな土蜘蛛が、近国に出没しては人をとって食うので、土地の人々は都の田村将軍に退治方を頼んだ。将軍がこの地に来たある夜、蔵王権現の夢のお告げがあり、ここから東方の猿川(さるかわ)村(筆者注:現在の海草郡紀美野町に生えている将軍木梓弓(筆者注:あずさゆみ 神事に用いられる弓)を作り、それで土蜘蛛を調伏(ちょうぶく)するとよいという。
そのとおりにして弓を得たものの、土蜘蛛は棲家の洞穴近くに巣を張りつめ、変幻自在に出没するので、矢を放つ機会もなく、すっかり手を焼いていた。
蔵王権現から再びお告げがあり、餌をかけておびき出すとよいとのこと。ちょうどその時、七十五歳の比丘尼がいたので、土蜘蛛の餌になってくれるよう頼むと、尼も人々のため一命を捨てるのは望むところという。
将軍は高い松の梢(こずえ)に尼を縛り付け、それを食べにきた土蜘蛛を退治した。
のち尼の菩提を弔い一寺を建立したのが、国主神社の北方約2.5キロにある尼寺、すなわち現在の観音寺であると伝えられる。

 

また一説によると、土蜘蛛の棲家は観音寺の北西約2.5キロの鳩羽山(はとばさん)にあった。今はゴルフ場に開発され形跡をとどめないが、10年ほど前まで土蜘蛛の住んだ洞穴があったとのこと。
そこの土蜘蛛が、山の東麓、八幡宮の楠から巣を張り出し、約1キロ東南にある尼寺の美しい尼をねらった。
土蜘蛛の害を訴える村人の声を聞き、田村将軍が来たが、まず矢を作る片目竹(かためだけ)を探すため、猿川村に行った。ある夜の夢のお告げで、片目竹は丸栖(まるす)村
(筆者注:現在の紀の川市貴志川町丸栖)の川辺にあると教えられ、翌日それを手に入れ、土蜘蛛を退治したという。
土蜘蛛のねらった尼は美福門院(びふくもんいん)であるとも言い、今も観音寺に美福門院の位牌が伝わっている。

(筆者注:美福門院については別項「美福門院の墓」を参照)
美福門院の墓 ~桃山町(現紀の川市)最上~ - 生石高原の麓から

 

貴志川町には田村将軍と土蜘蛛の伝説が散在するが、観音寺の北、白岩谷にも将軍の矢を負うた土蜘蛛の血痕という蜘蛛血石(くもけつせき)が残っている。

今は跡形もなくなったが、観音寺の西北、貴志川町長原にある西貴志小学校脇の溝川(みぞかわ)付近に、かつて「田村将軍の太刀洗いの井戸」があり、土蜘蛛のとどめを刺した太刀を洗った場所だと言い伝えている。 

f:id:oishikogen_fumoto:20200911182953j:plain

紀伊国名所図会 二編六之巻上 太刀洗いの井
国立国会図書館デジタルコレクション)

  • また、和田寛著「紀州おばけ話名著出版 1984)」では「紀州民俗誌」を出典として次のような物語が紹介されている。

蜘蛛血石

 むかし、むかし、高畑山にとてつもない大蜘蛛が住んでおった。
 この大蜘蛛は高畑山を住み家にして、近くの村々を荒らしまわり、人や牛馬をつかまえては食っておった。
 村人たちは何度か、この大蜘蛛を退治しようとしたが、山へ行って生きて帰った人はなかった。
 ちょうどそのころ、坂上田村麻呂という大将軍が、弓矢をつくるじょうぶな竹を求めて、各地を旅しておった。
 紀伊の国に入り、貴志川下流まできたとき、川に一本のが流れているのを見つけた。拾い上げてみると、片方だけにしか枝の出ていない変わった竹で、とってもじょうぶで弓矢をつくるのにもってこいのものであった。
 田村麻呂は、
これこそ、わたしのさがし求めていた竹だ。この流れをさかのぼって行けば、この竹の生えているところに行けるにちがいない
と、思って、川をさかのぼることにした。
 藤ノ森(筆者注:現在の紀美野町中 後述の熊野神社の項を参照)というところまできて、やっとその竹の生えているのを見つけた。その竹は片目竹、または片目笹と呼ばれ、この村にたくさん生えていたが、どれもこれもまだ若くて、ひ弱すぎた。そこで、田村麻呂はこの地に留まって竹の生長を待つことにした。
 三年余りの年月がたって、竹はりっぱに生長した。田村麻呂は村人たちの力をかりて、その竹でたくさんの弓矢をつくったんだと。
 都へ帰る途中、田村麻呂は丸栖というところに宿をとった。そして、そこで村人から高畑山の大蜘蛛の話を聞いた。田村麻呂は、
その化け物は、わたしが退治してやる。この弓矢さえあれば、わたし一人でじゅうぶんだ
と、いって、たった一人で大蜘蛛を退治したんだと。

 大蜘蛛から流れ出た血は、あたり一面にころがっていた白い石を真っ赤に染めた。今でもその石の色は変わらず、高畑山には赤い血の色をした大きな石がごろごろしておる。

 あるとき、一人の男がこの珍しい石を見て、一つ家に持ち帰って床の間に飾っておいた。すると、その夜、だれもいないはずの部屋から声が聞こえてくる。
おかしいな、いったい何ものだろう
 男はじっと耳を傾けておると、どうやら床の間の石がものをいっているらしい。
高畑山へ帰してくれー、高畑山へ帰してくれー」
 男は気味が悪くなって、次の朝早く起きると、さっそくその石を高畑山へ戻してきたんだと。
 こんなことがあってから村人たちは、高畑山の蜘蛛血石を持って帰ると夜なかに泣きだすとか、色が変わるとかいうようになったんだと。


高畑山(高幡山)は貴志川町にあり、その岩谷にある白岩には点々と白紙に落とした血痕のような斑点がついている。学問的にはこの斑点は、白岩に鉱物質を含有していて、これが表面に錆として出るため、あるいは黒く、また鮮明な血痕のような赤色の斑点があらわれるのだと説明されているが、なんとも怪異な岩石である。この話の原話は『紀州民俗誌』『貴志の谷昔話集』である。 

坂上田村麻呂が若き頃、紀の川沿いに紀の国に入り、丸栖村(現紀の川市丸栖)まで来たとき、紀の川に合流する貴志川を、弓の矢に適した「片芽竹」の枝が流れてくるのを発見した。

田村麻呂は、その竹薮を捜し求め貴志川を遡り、ついに滝野川口(現紀美野町中藤の森)で片芽竹の藪を発見した。

田村麻呂はその後、当地で3年間滞在し、村の娘との間に一子を成したが、いよいよこの地を離れるに際し、村と我子の守護神として熊野から勧請したのが熊野神社の始まりであると云う。

以後、その子孫が代々宮司を務め、猿川荘(現紀美野町田 外6字)の総氏神として奉斎されてきた。

境内には、田村麻呂を偲ぶものとして、田村麻呂お手植えと伝えられる「将軍桜」(現在四代目)と「将軍塚」と呼ばれる宝篋印塔(県指定文化財)がある。

  • 和歌祭田辺祭と並び「紀州三大祭」と称される紀の川市の「粉河(こかわまつり)」で行われる渡御式(お渡り)は、粉河寺を創始した大伴孔子(おおとものくじこ)の子である船主(ふなぬし)が坂上田村麻呂の奥州征伐に出陣し、賊徒を退治して凱旋した姿を伝えるものと言われている。
  • 土匪(どひ)」とは「土着の匪賊で、集団をなして、掠奪・暴行などを行うもの」を指す言葉で、日本では近代中国における非正規武装集団を指すことが多い。前述の「紀伊国名所図会」にある記述のうち後者にあたるもの(山賊)は土匪の類とみなすことができる。
  • 古来、土蜘蛛(つちぐも)は、朝廷・天皇に恭順しなかった土豪たちを示す蔑称として用いられてきたが、後に蜘蛛の姿をした妖怪であるとみなされることが多くなった。「平家物語」の「剣巻」では源頼光が巨大な山蜘蛛を退治した物語が描かれており、平安時代後期にはこうした認識が定着していたものと思われる。
  • 漫画家マエオカテツヤ氏がミニコミ紙「ニュース和歌山」で連載している「妖怪大図鑑」では、「蜘蛛血石」として次のように紹介されている。

紀の川市貴志川町高畑山にある白岩には、白い肌に点々と血で染めたような斑がついていて、地元で「蜘蛛血石」と呼ばれている。かつて高畑山に棲んでいた大蜘蛛坂上田村麻呂が退治した時、大蜘蛛が流した血の痕だという。現在なお、この山には「蜘蛛血石」がごろごろあるというが、ある男がこの石を持ち帰ったところ、石から夜な夜な「高畑山へ帰してくれ」と声が聞こえてきた。他にも、夜中に泣き出すとか、色が変わるとか、奇妙な現象が絶えなかった。

*****
本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(●印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。