生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

藤九郎神社 ~白浜町瀬戸~

 瀬戸浦にある小さな神社は、海の神さま。かつて田辺の沖を通る船は、海に供物を投げた。瀬戸浦の船主は、祭礼になるとノボリを立て、にぎやかに参拝したという。

 

 昔、箱船に乗った老人が瀬戸の浦に標着した。土地の西四郎太夫がこれを助けたが、老人はある日、近くの離れ島へ釣りに行き、ウツボにかまれて死んでしまった。そこで四郎太夫は手厚く葬むったあと神殿にまつり、代々神主をつとめたという。また、安達藤九郎盛長流罪となってここに漂着、神さまとしてまつられたとか。あるいは天皇の上陸場所ともいう。


 「紀伊風土記」によると、神体は「衣冠の木像」。小さな祠でありながら、元禄の「紀南郷導記」や享保の「鉛山記行」、万延の「西国名所図会」など、多くの古文書に紹介されているのは珍しい。

 

(メモ:温泉街から歩いて15分。近くに貝寺で有名な本覚寺があり、京都大学臨海水族館まで3キロ、また世界的粘菌学者、南方熊楠の記念館もある。)

 

和歌山県神社庁のWebサイトによれば、藤九郎神社の正式名称は「盛長神社」といい、江戸時代は安達藤九郎盛長宮と呼ばれていたものが明治元年に盛長神社と改称されたとのこと。

 

*****

本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(※印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。