生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

名馬・興禅寺号 ~上富田町市の瀬~

 紀州藩主に佛の道を説いた富山第二世良遂宗真和尚は、海蔵寺第四世住職を経て、上富田の興禅寺に隠住したが、田舎の不便な暮らしを案じた藩から「興禅寺号」という馬を贈られたという。

 

 興禅寺号は実に賢い馬で、和尚が外出するときは、装束を見て乗りやすいような姿勢をとった。いなないて来客を告げたし、使い走りも任された。首に徳利と手紙をぶら下げて、トコトコ酒屋に向う興禅寺号を見かけると、村人たちは、こぞって背中に人参や大根などをゆわえた。


 和尚は元禄9年(1696)11月15日、80歳で遷化したが、その前日、興禅寺号に「お前も固いものが食えなくなった。ワシが死んだら、ワシのところへ来い」と話しかけ、村人には「馬が死ねば、同じ墓に埋めてほしい」と告げた。和尚の死後、興禅寺号は馬屋から一歩も外に出ず、49日目に静かに息を引き取ったという。

 

(メモ:興禅寺は国道311号線市の瀬バス停から約500メートル。名馬の墓には、いまも香煙が絶えない。)

 

興禅寺臨済宗妙心寺派に属する寺院で、昌泰元年(898)の創建とされる。境内隣接地にある白いだるま座像は1973年に故吉田啓堂和尚が創建したもので、当時、座っただるま像としては日本一の大きさと言われた。通称「だるま寺」と呼ばれる。

海蔵寺は現在の田辺市南新町にある臨済宗妙心寺派の寺院。慶長10年(1605)、浅野氏重浅野幸長関ヶ原合戦の功により紀伊国を与えられた際に、家老として田辺を預かる)が建立。開基は氏重の伯父天叔上人。同寺が所蔵する菩薩形坐像は、弁慶の父親である熊野別当湛増が壇ノ浦の決戦にこの像を軍船に安置して戦勝を博したと伝えられており、通称「弁慶観音」と呼ばれる。

興禅寺号は、延宝3年(1675)に紀州藩城代家老安藤帯刀公が良遂和尚の隠居所として「知足庵」を創建した際に、同時に和尚に贈られたもの(知足庵は昭和60年(1985)に建替)。境内にある頌徳顕彰記碑には「元禄九年十一月十五日師の遷化にあう。愛馬はその日より馬小屋にこもり食を断ち師の四十九日忌に静かに息を引きとる。将に忠馬たる所以である。」と記載されている。

 

*****

本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(※印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。