生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

おしんの首 ~日置川町(現白浜町)安宅~

 日置安宅(あたぎ)の水軍は、戦国から江戸時代にかけ、熊野全域に強い勢力を誇った。

 

 享保3年(1530)、12代目首領、実俊が亡くなったが、弟の定俊は「わが子、安定丸が15歳に成長した時、家督を譲るよう」との実俊の遺言を守らず、安定丸が16歳になっても首領の座を渡さなかったため、一族の間で骨肉の争いが始まった。そのとき、配下の蔵人と、美しい娘おしんは相思相愛の仲だったが、家督相続の争いで敵味方に分かれた双方の親は結婚を許さない。


 二人は和歌山へ駈け落ちした。そこヘ、おしんの家臣がひそかに訪れ「刺客をさし向けるから、蔵人に酒を飲ませて酔いつぶせ」という。さからえぬおしんは、自から蔵人に代わって酔いつぶれ、その首を刺客に討たせた。蔵人は出家し、おしんの霊をとむらったといい、おしんはいまも、貞女の鏡として語りつがれている。

 

(メモ:安宅地区は日置川口から約2キロ、約250戸の民家が並ぶ静かな田園地帯。)

 

※安宅氏は、すさみの周参見(すさみ)氏、新宮の鵜殿(うどの)氏、尾鷲九鬼浦の九鬼(くき)氏、尾鷲浦の向井氏とともにいわゆる「熊野水軍」の一員であった。

※通説によれば、「承久の乱」での戦功により甲斐の小笠原長清紀伊・阿波・河内三国の守護となり、その長清から9代目にあたる頼春が熊野に本拠を置いて安宅氏を名乗ったのが安宅氏のはじまりとされる。

※実俊の後継をめぐる一族の内紛については、江戸時代に書かれた軍記物「安宅一乱記(あたぎいちらんき)」に詳しく描かれている。読み物としてかなり脚色が加えられているため、この記述を全て信ずることはできないが、少なくともこの時期に一族内に問題が発生したことにより安宅氏の勢力が徐々に衰退したことは間違いないとされる。

※実俊の病死は大永6年(1526)、安定丸が15歳になった享禄3年(1530)正月に定俊に家督返還を持ちかけた家老が殺害されたことから、いわゆる「安宅一乱」がはじまった。

室町時代後期から江戸時代のはじめ頃に用いられた大型軍船を「安宅船(あたけぶね)」と呼ぶが、これは日置の安宅氏から独立した淡路島の安宅氏が用いたことに由来するとの説がある。淡路安宅氏淡路水軍)は、上記の「安宅一乱」の後に三好長慶の弟である冬康を養子に迎えて勢力を盛り返し、冬康の子・信康が淡路水軍を率いて第一次木津川口の戦い(和田竜「村上水軍の娘」のクライマックスシーン)に参戦している。

平成27年(2015)の国勢調査によれば、白浜町大字安宅の人口は478人、世帯数は231世帯となっている。

 

*****

本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(※印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。