生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しました

南紀熊野体験博パンフレット(1998.2)

 「南紀熊野体験博の記録」のカテゴリーでは、過去の個人サイトに掲載していた記事のうち、「JAPAN EXPO 南紀熊野体験博(1999.4月~9月)」に関するものを再掲していきます。

 

 今回の記事では、平成10年(1998)2月に制作されたパンフレットの内容を紹介しています。

-----------------------------------------------------------

南紀熊野体験博の新しいパンフレットができました。

おいでよ、ココロがよろこぶ 体験博

f:id:oishikogen_fumoto:20211130102732j:plain

 

こころにリゾート実感

f:id:oishikogen_fumoto:20211130102801j:plain

○名称
 ジャパンエキスポ 南紀熊野体験博 リゾートピアわかやま’99

○基本テーマ
 こころにリゾート実感

○サブテーマ
 1 いやす こころを癒やす
 2 みたす こころを充たす
 3 よみがえる こころが蘇る

○開催期間
 平成11年(1999)4月29日(祝)から9月19日(日)までの144日間

○開催地域
 直接対象地域 = 和歌山県南紀熊野地域(和歌山県下16市町村)
  田辺市
  [西牟婁郡白浜町中辺路町大塔村上富田町、日置川町、すさみ町、串本町

  新宮市
  [東牟婁郡那智勝浦町太地町古座町古座川町熊野川町、本宮町、北山村

 関連広域地域 = 和歌山県・紀中地域、和歌山県・紀北地域、
          奈良県関連地域 三重県関連地域

○目標動員数
 200万人(南紀熊野体験博参加者延べ人数)

○主催
 南紀熊野体験博実行委員会

 

たのしさいっぱいあふれてる
南紀熊野体験博

f:id:oishikogen_fumoto:20211130103316j:plain

大自然と戯れるこころのリゾートの始まり
南紀熊野体験博のイベント

 

ジャパンエキスポ南紀熊野体験博リゾートピアわかやま'99

  • プレイベント(平成10年度)
  • イベント展開(平成11年4月~9月)
  1. テーマイベント
     10万人の熊野詣
     黒潮マリンスポーツ・フェスティバル
     和歌山国際ジャンボリー
  2. リゾート体験イベント
  3. 地域ネットワークイベント
  4. シンボルパークイベント
     田辺新庄シンボルパーク
     那智勝浦シンボルパーク
  5. シンボル空間イベント

雄大な自然・人の温もり 全てが舞台の体験博
南紀熊野体験博のエリア

これまでにない新しい博覧会の形
 南紀熊野体験博は、博覧会としては類を見ないオープンエリア型会場で開催します。
従来の囲い込み型博覧会とは異なる広域展開で、南紀熊野地域の美しい海岸、緑豊かな山々、人々の住むまちなどのすべてが南紀熊野体験博の舞台となります。

ふたつのシンボルパークとひとつのシンボル空間
 南紀熊野体験博にお迎えする入り口として、田辺市那智勝浦町にそれぞれ「シンボルパーク」を設けます。ここでは、南紀熊野の魅力をわかりやすくお伝えする情報発信機能の役割を果たすほか、南紀熊野体験博のテーマをアピールする楽しいイベントが期間中毎日行われます。
 また、中辺路町から熊野本宮大社に至る「熊野古道シンボル空間」では、この空間にふさわしいイベントを予定しています。

 

10万人の熊野詣
 かつて、「蟻の熊野詣」といわれるほど賑わった熊野古道の魅力を様々な形で堪能できるイベントです。いにしえの熊野詣に思いを馳せながら歩いていただくもよし、家族ではもちろん、子供たちだけでも気軽に楽しめるハイキングなど、参加する誰もが自分に合った楽しみ方で、熊野古道の魅力に触れていただけます。


黒潮マリンスポーツフェスティバル
 照りつける太陽のもと、黒潮躍る太平洋や、山深い清流を舞台に繰り広げるスポーツイベントです。いま大人気のボディボードをはじめ、スキューバダイビングやフィッシングなど、プロの妙技を楽しむイベントから家族みんなで参加できるイベントまで、多彩に展開する海の祭典です。


和歌山国際ジャンボリー
 串本町・潮岬の望楼の芝生を主会場に、海外からこどもたちを招き、日本の子供たちとキャンプ生活をはじめとする様々な体験を通じて交流を深めます。 豊かな自然の中での共同生活や交流活動で、こどもたちが互いに異国文化にふれ、理解と興味を深めるイベントです。


リゾート体験イベント
 南紀熊野地域ならではのリゾート体験が満喫できる短期滞在型のメニューが盛りだくさん。温泉の外湯めぐりや、漁業体験でとったピチピチの魚や貝でのバーベキュー、急流を下るラフティング、熊野の歴史を学ぶセミナーなど。全てが「わかやまリゾート」の素晴らしさを実感していただけるものばかりです。


地域ネットワークイベント
 南紀熊野地域に古くから伝わる伝統行事や地域を代表するイベントに、南紀熊野体験博を機会に新しく始まるイベントも加わってパワーアップし、会期中全域で開催します。


シンボルパークでのイベント
 ふたつのシンボルパークでは、音と光と映像を駆使したファンタジックなショーなど様々なイベントを開催します。田辺新庄シンボルパークでは、4500人収容の野外音楽堂でのコンサートなど、那智勝浦シンボルパークでは、海の魅力を堪能できるイベントなどを繰り広げます。


熊野古道シンボル空間でのイベント
 熊野古道の魅力を満喫できる様々なウォークイベントを行うほか、「清姫淵」や「大斎原」の特設舞台では、能や民俗芸能などの幻想的なイベントを繰り広げます。

 

f:id:oishikogen_fumoto:20211130104020j:plain

基本理念
 21世紀には、これまで以上にこころのゆとりや安らぎといったものを人々は求めるようになると考えられます。現代人の疲れたこころとからだを癒し、自分自身を取り戻して新たな活力を生みだすための時間を大切にするということがより重要となっていくでしょう。

 和歌山県は日本を代表するリゾートエリアです。特に南紀熊野地域は、いにしえから人々がこころとからだの癒しを求め続けてきたところであり、今その価値はますます高まろうとしています。

南紀熊野体験博では、こころの安らぎ、心身のリフレッシュに最適な空間として南紀熊野地域を象徴的に取り上げ、そこでの実体験を多くの人々に提供することで「わかやまリゾート」が私たちの新しいライフスタイルに大切な役割を果たすことをアピールします。

 

開催の意義と目的
1.南紀熊野地域を象徴的に取り上げ、「わかやまリゾート」の魅力を国内外に情報発信します。

2.豊かな自然・歴史・文化を活かし、地域のリゾート資源を再発掘し、新しい魅力を創出します。

3.地域住民がその魅力を再認識することにより、地域づくり・まちおこしへの気運を醸成します。

4.国内外との人的・物的交流を推進することにより、地域の振興と活性化を図ります。

 

f:id:oishikogen_fumoto:20211130104135g:plain

シンボルマーク
 和歌山県の豊かな自然環境(緑は木・森・山、青は川・海・空、赤は太陽)をイメージし、そこを舞台に繰り広げられる南紀熊野体験博を通じて充たされるいきいきとした心、人と自然の共生を表現しています。
名称ロゴタイプ
 和歌山県の自然を象徴するブルーとグリーンをあしらい、中央を流れる波模様は山並み、波動や、人間のバイオリズムの波を表現しています。

 


●交通のご案内●

f:id:oishikogen_fumoto:20211130104212j:plain

南紀熊野体験博実行委員会
〒640-8585 和歌山市松原通1-1

 

※上記の記事は1998年2月に個人のWebサイトに掲載したものを再掲しました。

-----------------------------------------------------------

 

 「こころにリゾート実感」を基本テーマとして打ち出したことからもわかるように、南紀熊野体験博では「こころ」というキーワードが随所で用いられています。これは、当時の経済状況としてバブル崩壊後の景気低迷が続く中で、それまでの「イケイケドンドン」的な社会の雰囲気から、「穏やかでも内面的に充実した暮らし」を求める世情への移り変わりを反映したものである、との説明が一般的にはさなされていると思います。

 もちろん、それは一面でそのとおりなのですが、実は、これにはもう一つの側面があったということにも触れておきたいと思います。

 このカテゴリーの最初の記事でも書いたように、南紀熊野体験博は和歌山県にとって二度目の JAPAN EXPO (国の特定地方博覧会制度に基づく地方博覧会でした。そして、前回の「世界リゾート博」は和歌浦湾沖に造成された人工島「和歌山マリーナシティ」を舞台に「21世紀のリゾート体験」をテーマとして各種のパビリオンやアトラクション、温泉、花火など、およそ想定されるありとあらゆるイベントを詰め込み、72日間の会期中に当初想定の約2倍にあたる300万人を集客したという、ある意味「モンスター級」の成功を収めたイベントだったのです。世界リゾート博 - Wikipedia

 このため、南紀熊野体験博としては、もともと人口の少ない和歌山県南部地域を舞台にして世界リゾート博と同じようなイベントを開催しても絶対にこれを上回る成功を収めることが不可能なことが目に見えていたことから、あえて、真逆の方向へと舵を切ったのです。そう、入場料は取らない、会場は囲い込み型にしない、最先端のテクノロジーは導入しない、そして「スゴいものを見せるのではない、ココロで感じてもらうのだ」という割り切り(「開き直り」でもあります)は、「世界リゾート博」への「逆張り」から生まれたとも言えるのです。

 「苦肉の策」から生まれたとも言える南紀熊野体験博の基本テーマですが、それでも時代の流れとうまくマッチしたのか、結果的に全国から高く評価されることになりました。この年の「新語・流行語大賞(現在はユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンには「癒やし」が選出され、受賞者として和歌山県西口知事(当時)が表彰されたのです。その表彰理由は次のとおりで、全国にさきがけて「癒やし」をテーマ(サブテーマの一つ)に掲げた大規模イベントを開催したことが大きく評価された模様です。

ちなみに、この年の年間大賞は「雑草魂(上原浩治)」「ブッチホン小渕恵三)」「リベンジ(松坂大輔)」、他のトップテン入賞が「学校(級)崩壊」「カリスマ」「 ミッチー・サッチー」「 西暦2000年問題」「だんご3兄弟」「iモード 」となっていました。

癒し
西口 勇 さん(和歌山県知事)
 バブル華やかなりし10年前、「24時間戦エマスカ」のコピーで大ヒットしたリゲインのCMが、坂本龍一のピアノソロとともに「この曲をすべての疲れている人へ」というのメッセージを送るようになるなど、「癒し」はもはや国民的テーマ。受賞者は「癒し」をテーマに、南紀熊野を会場としてユニークな地方博覧会を企画、実現した。

「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞

 

 上記の引用文において、今となっては「リゲインのCM」という言葉の意味がうまく伝わらなくなってしまったかもしれません。これについて、株式会社 USEN のWebサイトに詳しい解説が掲載されていたので下記のとおり引用しておきます。

 1988年に発売が開始された三共(現:第一三共ヘルスケアの栄養ドリンク「リゲイン」を一躍有名にしたのが当時のテレビCMです。『ふぞろいの林檎たち(筆者注:1983年から1997年にかけて4作がTV放送されたTBS制作の人気ドラマ)』などで注目を集めた時任三郎がバブル期の多忙なビジネスマンをコミカルに熱演し、CMソング「勇気のしるし~リゲインのテーマ~」は大ヒット。「24時間戦えますか」という歌詞はバブル時代を象徴するキャッチフレーズとして今でも有名です。まさにバブル期を象徴するCMソングですが、実はリゲインシリーズからは後に別のヒット曲も生まれています。約10年後、1999年に放送されたリゲインEB錠のCM楽曲、坂本龍一の「energy flow」です。「勇気のしるし~リゲインのテーマ~」 とは正反対の静かなピアノソロ楽曲で、当時の「癒しブーム」もありインストゥルメンタル楽曲としては異例のヒットを記録しました。まるでバブル崩壊前後の変化を象徴するような2曲が、同じ商品シリーズから生まれているとは不思議なものです。ハイテンションな「勇気のしるし~リゲインのテーマ~」癒やしの「energy flow」。この2曲は時代の変化と合わせて楽しみたいCMソングです。

CMから生まれたヒット曲 懐かしいCMソング厳選7曲 | 有線放送 家庭用 | USEN音楽放送 | USEN Home