生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

お雪の墓~串本町大島~

 大島は、太平洋戦争の頃まではむしろ、串本の町より賑わった。とくに徳川三百年の間。江戸へ通う船乗りたちのオアシスとして重宝された。

 

 当時は、これら船乗り目あての遊郭も多く、水を積みこむ間に、男たちは遊んだ。なかでも「お雪」と名のる遊女は、船乗りたちのあこがれだったのか、世襲のように三代続いたという。

 大島 水谷 かかりし船は お雪みたさの汐がかり

 「串本節」にまで歌われたお雪は、まこと大島繁栄の功労者だったのだろうか。大島港から正面に見上げる蓮生寺に残るその墓には、いまも紫煙の絶えることがない。

 

(メモ:大島へは巡航船かフェリーで10分。蓮生寺大島港から歩いて5分。島のタクシーを利用すれば、日米修交記念館トルコ記念館樫野崎灯台など島内の名所を案内してくれる。)

 

※串本の大島(他地域の大島と区別するため「紀伊大島」と呼ばれることもある)は、串本町の沖合約1.8kmの海上に浮かぶ、面積約9.68平方kmの和歌山県下最大の島である。
※平成11年(1999)に大島架橋が完成し、大島は串本と地繋がりになった。このため、「ここは串本 向かいは大島 仲をとりもつ巡航船」と串本節に唄われた巡航船(フェリー)は廃止された。
※鉄道網・道路網が発達するまでは海上交通が唯一の大量輸送手段であったが、紀伊半島沖は台風銀座と呼ばれるほどの難所であったため、大島港は我が国東西を結ぶ重要航路の風待・避難港としておおいに栄えた。また、また漁港としても栄えており、重要な捕鯨基地でもあった。海が荒れた時には廻船が百隻以上も停泊していたと言われ、大島港周辺にはこれらの船乗りを目あてにした遊郭が建ち並び、最盛期には150人以上の遊女がいたとも伝えられる。
※「串本節」は串本地方の民謡。その源流は、千葉県で生まれた「白桝(しらます)粉屋」という唄で、これが江戸時代末期に「おいとこそうだよ」という唄を生み、やがて串本地方にも伝えられて祭の神輿(みこし)唄や宴会唄として定着したものと考えられている。
※「串本節」が全国に広まったきっかけは、大正13年(1924)、創立まもないアメリカの航空会社ダグラス社がPRのために水陸両用機ダグラスDWC(Douglas World Cruiser)による世界一周飛行を行ったことにある。この時、ダグラス機は霞ヶ浦から串本沖へ飛来する予定であったが、悪天候のため到着が10日遅れることになったことから、取材に訪れた新聞記者やカメラマンらはいつ到着するかわからない飛行機を待って、無為に時間を潰さざるを得なくなった。このときに開かれた宴会で地元の芸者衆が披露したのが串本節で、これを覚えた記者らが各地へ伝えたことにより、全国的な知名度を得たとされる。
大正14年(1925)頃から、上方漫才師の砂川捨丸が舞台で「串本節」を披露して人気を博し、これをレコード化したことで、大衆の中に串本節が定着するきっかけとなった。
蓮生寺には、初代お雪の墓とされる墓石と位牌が伝えられている。それによると、戒名は「妙艶信女」、俗名は「寺下雪枝」とされる。
※トルコ軍艦エルトゥールル号の遭難事故を描いた映画「海難1890」では、遊女お雪が医師・工藤(竹中直人に助力して治療や看護に携わっている。お雪役は夏川結衣が演じた。メモ欄中、「トルコ記念館」は、この海難事故と地元住民の献身的な救助活動、その後の日・ト両国の友好関係を記念した施設。
※メモ欄中、「日米修交記念館」は、寛政3年(1791)、レディ・ワシントン号グレイス号の2隻のアメリカ商船が大島に上陸したことを記念して設けられた施設。これはペリーの黒船来航より62年も前のことで、公文書に記録されたはじめての日米間の接触であるとされる。
※メモ欄中、「樫野埼灯台」は、「日本の灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンが日本で最初に設計し、明治3年(1870)に初点灯した日本最初の石造灯台。日本最初の回転式閃光灯台でもある。

 

*****
本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(※印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。