生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

野中の一方杉 ~中辺路町(現田辺市)野中~

  継桜王子の境内に立つ十本の老杉。いずれも南へと枝をのばし、北側には枝がない。高さ約10メートル。中には、幹回り8メートルの大木も。

 

 北側は、山の斜面で陽が当らないため、光のくる方向へ枝をのばしたものらしく、南に清水があるのもその原因とか。


 継桜王子は「若一王子権現」ともいわれ、野中の氏神さま。明治42年、近野神社に合祀されたが、高所の社殿はそのまま残り、戦後、木像のご神体が帰ってきた。

 

 継桜の名前は、むかし桧の幹に組ぎ木された桜があったことから、現在の木は三代目。建仁御幸記にも、平安時代に継桜の存在が記されている。植物学的には、桧と桜の継ぎ木は困難とされ、おそらく、老樹の空洞に桜の苗が根を生やしたらしい。そして継桜の名はいつの間にか熊野を篤く信仰した藤原秀衡に結びつけられ、秀衡桜の伝説が生まれた。

f:id:oishikogen_fumoto:20200621172816j:plain

継桜王子と野中の一方杉(ブログ主撮影)

 ※野中の一方杉はいずれも樹齢800年を越えるとされるが、現存するのは8本。いずれの木も南方向にのみ枝を伸ばしていることから「一方杉」と呼ばれるが、これは熊野那智大社のある方向を指していると言われている。

※継桜王子は、熊野古道沿いに設けられた「熊野九十九王子」のひとつ。

若一王子は、熊野十二所権現のうち「五所王子」の第一位に位置づけられる神で、天照大神(あまてらすおおかみ)あるいは瓊々杵尊(ににぎのみこと)と同一視される。本地仏本地垂迹説に基づき神の本体とされる仏)は十一面観音

※ 「建仁御幸記」とは藤原定家が記した「熊野御幸記」を指す。これは、定家の日記「明月記」のうち建仁元年(1201)に後鳥羽上皇の熊野詣に供奉した際の記録を抄出したもので、国宝に指定されている。

 

*****

本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(※印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。