生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

狼の乳岩 ~中辺路町(現田辺市)滝尻~

  かつて、きらびやかな王朝貴族が行きかい、おびただしい庶民が「蟻の熊野詣で」の形容そのままに、ただひたすら熊野へと歩を急がせた「熊野古道」。いまや、そのおもかげをとどめるコースは少なくなったが、石船川が富田川に合流するあたりに、小さな社がある。

 

 熊野九十九王子の中でも、藤白王子海南市)や切目王子印南町)などとともに「五体王子」のひとつとしてあがめられた「滝尻王子」、そして、その背後の急傾斜の古道を300メートルほど登ったところにある岩が「乳岩」、すぐ近くに「胎内くぐり」の洞穴がある。


 奥州平泉の棟領、藤原秀衡(1187)は40歳になっても子宝に恵まれなかった。そこで、熊野権現へ17日間の願をかけ、一心不乱に祈ったところ、不思議や妻が身ごもった。
 「これぞ神のおぼしめしなり」
 喜んだ秀衡は、懐妊7か月の妻を連れて、熊野へお礼参りに出発した。長い旅路を重ねて滝尻の里にたどりつき、王子社に詣でたところ、五大王子が現われ「里の山頂に洞穴がある。そこで子を産み、岩屋に預けて熊野へ詣でよ」と告げた。すると、妻が急に産気づき、玉のような男児を出産した。


 元気な産声をあげる赤ん坊を、そのまま岩穴に寝かせて熊野へ急いだ秀衡は、無事、参詣を終え、岩壁に駈け登ってみると、赤ん坊は一匹の大きな狼に守られながら、岩の問からしたたり落ちる乳を飲んで、丸々と太っていた。


 これこそ神のご加護。神は、身重の妻の長旅をふびんに思われ、子どもを預かってくれたに相違ない。深く感動した秀衡は、そのお礼として、王子社に立派な伽藍を建て、小太刀やヨロイ、カブトを献上した。また、伽藍が未永く残るよう、後々の修築費として、黄金をツボに入れて近くへ埋めたという。そしてその赤ん坊は、のち泉三郎忠衡という豪勇の武者に成長した…と。

 

 滝尻王子と乳岩は、そんな古い時代の話を伝える。
 岩は、4メートル四方もあろうか。その下の岩場が、秀衡夫妻が赤ん坊を預けた場所だといい、洞くつは、奥行き約6メートル。入り口は広いが、その向こうは、やっと身体が抜け出るほどの広さ。そばに小さな祠がある。
 地元では、ここへ女の乳首に似た物を供え、乳岩と胎内くぐりの岩屋に参ると、乳の出がよくなるという話も残り、参拝者たちは、息をはずませながら、この急斜面を登って行く。

f:id:oishikogen_fumoto:20200618154330j:plain

狼の乳岩


 「山河の たぎりて落ちる滝の尻 わたせる橋もたのもしき」(宴曲抄)

 

 「滝尻」の名は、石船川の急流が富田川に注ぐ滝のような、強い水音からきたといい、古くから、熊野の霊域への入口とされてきた。
 天仁2年(1109)、熊野詣での藤原宗忠は、ここで「初めて御山の内に入る」と記した。「源平盛衰記」にも「滝尻王子に着きたまひ王子の御前に通夜し給ひ(中略)明ぬれば峻しき岩間をよじ登り、下品下生の鳥居の銘御覧ずるこそ嬉しけれ」と、霊域への到達の模様が残されている。


 人々はここで垢離(こり)をし、神楽や歌会を催した。室町時代に入っても、上級の武家は、こぞって華麗な神事を奉納した。
 周辺にあったと思われる「御所」についての文献は少ない。ただ建仁元年(1201)、御所での歌会に出席した定家が「読上了り、退出し、此王子に参り宿舎に帰る」と、御幸記に残している。御所が、宿所や王子付近にあったことを思わせる。

 

 いま「古道」の名で呼ばれる熊野への参詣道は、国道とは反対の、富田川の左岸をしばらくさかのぼり、山を越えて、滝尻の社の裏の林に通じた。だが、この道をたずねる人は少ない。木もれ陽が輝やく落葉の小径は、やがてコケむした石積みに変わり、平谷山の頂上に続く。急傾斜の道をあえぎあえぎ、300メートルほど登ると目の前が開け、峠に出る。峰の空高く、野鳥の群れが飛ぶ。

 

 今し我が 越え行く峰の空遠く 真鶸(まいわ)の群の光一つ飛ぶ(喜蔵)

 

(メモ:滝尻王子社は、清姫の墓から311号線を東へ約3キロ。中辺路町内には、このほか不寝大門十丈大阪本近露比曽原継桜各王子や「牛馬童子」(箸折峠)、また近露には国民宿舎や「野長瀬一族の墓」などもある。)

 

熊野古道は、平成16年(2004)に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコ世界遺産に登録された。滝尻には資料展示・観光案内を兼ねた休憩所として「熊野古道館」が設けられている。

※「王子社」は熊野古道沿いに設けられた施設で、休憩所としての役割を果たすとともに、参詣に係る各種の儀式等が行われた。一般に「熊野九十九王子」と言われるが、実際に九十九箇所あったわけではなく、「多数」の意である。

※「五大王子」は、正しくは熊野十二所権現のうち「五所王子」に位置づけられる神々で、若一王子・禅師宮・聖宮・児宮・子守宮を指す。これらの神々を祀る王子社を「五体王子」と呼ぶが、どの王子社を五体王子と位置づけるかは確定されておらず、現在では藤代王子・切目王子・稲葉根王子・滝尻王子・発心門王子の5箇所を指すことが一般的。

※「牛馬童子」は熊野古道中辺路の箸折峠近くにあり、牛と馬の2頭の背中の上に跨った童子をあらわした石像。花山法皇の姿を模したとも言われる。

※近露地区の国民宿舎は閉鎖。滝尻地区に近い高原(たかはら)地区にある「霧の郷 たかはら」は、和歌山県公設民営方式で 10年間運営した後、民間事業者に譲渡した施設である。

藤原秀衡(ふじわら の ひでひら)は平安時代末期の武将で奥州藤原氏第3代当主。秀衡が熊野詣を行ったとの明確な記録はないが、寛政6年(1794)に成立したとされる玉川玄竜著「熊野巡覧記 巻之三」には、「是は奥州秀衡建立の地也 小社数多有 秀衡夫婦熊野ニ詣でし時秀衡の室此所にて平産ありしかバ 悦の餘り藤原家代々の宝劔を同社に奉納せし故に劔宮とも云傳ふ」との記述が見られる。また、「紀伊風土記 巻之七十三」の「瀧尻五体王子社」の項には、秀衡が安産に感謝して七堂伽藍を造営して諸経並びに武具等を納めたことから「秀衡堂」と名付けられたが、天正の兵乱(秀吉の紀州攻め)により記録も失われ、今は堂舎の跡もないとの記述がある。

※このとき生まれた子供が藤原忠衡(泉三郎)とされるが、忠衡は秀衡の三男と言われており、忠衡が子に恵まれていなかったため熊野詣を行ったとの伝承と矛盾している。

野長瀬氏清和源氏の一族とされ、鎌倉時代初期に近露の荘園管理者に任ぜられたものと考えられている(詳細は別項に記載)。

 

*****

本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(※印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。