生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

野長瀬一族 ~中辺路町(現田辺市)近露~

 国道311号線を近露に入ると、間もなく道の北側に小さな丘陵が見えてくる。その明るい共同墓地の地続きに、野長瀬一族の墓がある。南朝を守った強者たちをまつるその墓には、五輪塔が54基と、宝篋印塔が6基。県文化財

 

 野長瀬家は、もともと清和源氏の流れをくみ、盛経の子、経忠が野長瀬姓を名乗り吉野に住んだ。寛喜元年(1229年)、その子の頼忠庄司六郎と称し近露へ。元弘2年(1332)頼忠の孫・盛忠が、奈良を追われて熊野へ落ちのびる大塔宮護良親王を足利軍から救出、その功で横矢姓を賜わった。さらに後醍醐天皇に加勢し、河内・千早城に孤立した楠木正成に、はるばる山を越えて兵糧を運んだという。


 現当主の盛孝氏(大正2年生)は28代目。町は、一族と正成の友情にちなみ、千早赤坂村と姉妹縁組みし、歴史の町の友好を結ぶ。

 

 盛忠の流れをくむ野長瀬家と横矢家は近露に多い。

 

国道311号線は、現在はバイパスによりルートが変わっている。野長瀬一族の墓は「近露郵便局」の東側約200メートルにある(表記は「野長瀬氏・横矢氏一族の墓所」)。

後醍醐天皇鎌倉幕府打倒を掲げて兵を挙げた元弘の乱に際し、楠木正成とともに赤坂城で幕府軍と戦った大塔宮護良親王後醍醐天皇の皇子)は、同城の落城に伴い吉野・熊野へ落ち延びた。「太平記」によれば、親王が十津川から高野へ向かう途中で玉置庄司の軍勢の攻撃を受けた時、「紀伊国の住人野長瀬六郎・七郎」が三千余騎の部下を率いて駆けつけて危難を救ったとされる。これは、赤坂城落城以来はじめて親王が配下に収めた軍勢で、これを機に十津川・宇智・葛城の郷士や玉置山の宗徒らが合流し、後の吉野挙兵への体制が整えられることとなった。

※本文中にある野長瀬盛孝氏は平成13年(2001)に死去された。

※野長瀬(のながせ)氏ゆかりの著名人としては、次のような人物がいる。

野長瀬忠男(1878-1959、経営者)

  自動車用ホイール大手トピー工業の前身のひとつである帝国発条製作所( 後に東京車輪製作所) を創立。

野長瀬晩花(1889-1964、日本画家)

  忠夫の弟で本名は弘男。反官展を掲げ、京都市立絵画専門学校(現在の京都市立芸術大学)の同窓生らと「西洋美術と東洋美術の融合と、新しい日本画の創造」を目指し「国画創作協会」を創設。

野長瀬三摩地(1923-1996、テレビ監督、脚本家)

  晩花の子。東宝に入社し、黒澤明監督の「蜘蛛巣城」「どん底」「隠し砦の三悪人」のチーフ助監督を務める。その後円谷プロダクションの「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「マイティジャック」等で多数の作品を監督。「南川竜(龍)」名義で脚本も執筆した。

 

*****

本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(※印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。