生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

三兵衛の義挙 ~上富田町朝来~

  江戸時代、朝来村の農民は、厳しい年貢の取り立てに苦しめられていた。その上、その年の稲の出来具合いを調べる「毛見」(けみ)の回数が多く、そのたびに村人たちは、役人に白い飯を炊いてもてなした。

 

 「毛見があったからといって、年貢が減る訳でもない。毛見が少なければ、子どもに米を食わせることができるのに…」村人のそんな話を聞くと、正義感の強い三兵衛は、死罪になるのを覚悟で、奉行に直訴しようと腹を決めた。女房も「私や子どもの事は心配いりません」と、けなげにいう。


 このうわさが、やがて役人に知れ、三兵衛は捕えられてス巻きにされ、川へ投げ込まれた。


 その後、毛見の回数が少なくなり、村人の暮らしは楽になった。いま円鏡寺に建つ三兵衛の供養塔には「鉄堂祖心信士 文政九年五月二十六日」と彫られている。いまから百六十年ほど前のことだ。

 

(メモ:円鏡寺は国鉄紀勢線朝来駅から徒歩8分。国鉄バスを生馬口で下車してすぐ近く。)

 

※「朝来(あっそ)」は和歌山県内の難読地名の代表的なものとされる。「紀伊風土記」には「旧はアサコと正しく唱へしなるへし」との記述があり、「アサコ」が次第に「アッソ」と変化したものと考えられている。

※「毛見」は「検見」の古い表記。近世の日本における年貢徴収法の代表的なもので、田畑の収穫高に応じて貢租量を決める徴税法。

※伝承によれば、当時の毛見は郡奉行と代官が別々に行っており、そのたびに住民総出で接待をしていたが、これが大きな負担となっていたために、代官に対して死を賭して郡奉行の巡検中止を申し立てた。しかし、代官の調べに対して各村の庄屋たちは罰を恐れて口をつぐんだため、三兵衛ひとりが犠牲になったという。結果的に、その後は郡奉行の巡検は中止となったが、住民は表だって三兵衛を顕彰することはなく、後になって円鏡寺に供養塔が建てられたとのこと。

※平成25年(2015)、上富田町民創作劇実行委員会に所属する小学生から60歳代までの約30人の劇団員により、この物語に題材をとった創作劇「三兵衛 ~ 義民と呼ばれた男」が上演された。

※円鏡寺に伝わる由緒によれば、三兵衛は「文政4年(1821)10月17日西ノ谷の牢屋に入れられたが獄中でも主張をやめなかったのでお上を恐れぬ不届き者として翌文政5年(1822)死刑に処せられました」とされる。石碑の建立が供養塔にあるように文政9年(1826)とすれば、処刑から4年後に供養塔が建立されたことになる。

※メモ欄中、国鉄バス(西日本JRバス)は廃止。現在は、明光バス熊野線/熊野古道線及び白浜田辺線、龍神自動車熊野本宮線のいずれも生馬口バス停利用のこと。

 

*****

本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(※印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。