生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

蛇の川原 ~大塔村(現田辺市)熊野~

  熊野(ゆや)川をさかのぼると「蛇の川原」という、気味の悪い沢がある。

 

 昔、付近の岩穴に大蛇がすみつき、里に出ては、人や家畜を丸飲みにした。村人は恐れおののいたが、何しろ相手は胴回り三尺を越す化物とあって、だれも手出しができない。そんなとき、ここを通りかかった一人の武者が、強弓で蛇の頭を射抜き、みごとに退治した、と。

 

 大蛇が住んでいたという岩穴は、数百年を経た杉の古木に囲まれ、昼なお暗く、陰湿なムード。入り口は石でふさがれ、そばに十一面観音をまつった古いお堂が建っている。棟札には「宝永六己丑七月(1709年7月)」とある。そこから約100メートルけわしい斜面を登ると大きな岩があり、その端が長さ3メートル、幅2メートル、深さ1メートルのくぼみになっている。地元の人は、これを矢櫃と呼び、大蛇を退治した矢を納めた場所と伝えられている。


 蛇の川原は、いまでも多くの蛇が住みつき、地元の人でさえ、めったに近づかないという。

 

(メモ:熊野地区は、名勝「百間渓谷」の近くにあり、村役場から南へ22キロ。)

 

※蛇の川原の所在地は田辺市面川。関西電力殿山ダム(合川ダム)から百間山渓谷へ続く道路沿いにある。当時の大塔村役場は現在田辺市大塔行政局。

※百間山渓谷は、深い原生林に覆われ、全長約3kmにわたって奇岩や甌穴、大小の滝が連なる渓谷であるが、平成23年(2011)の紀伊半島大水害で周辺地区が甚大な被害を受けたため。全面閉鎖された。現在は一部のルートへの立ち入りが可能となっており、早ければ令和4年(2022)にキャンプ場も再開予定。

※百間山渓谷周辺の大字は「田辺市熊野」。読み方は、平成17年の市町村合併前は「大塔村熊野(おおとうむら ゆや)」であったが、合併後は「田辺市熊野(たなべし いや)」となり、表記は同じだが読み方が変更された。川の名称については「ゆやがわ」で変更ないものと思われる。

 

*****

本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(※印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。