生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

鈴木重秋の暗渠~日置川町(現白浜町)神宮寺~

 神宮寺から寺山、安居地区にかけた水田地帯に、いまも古い水路が流れている。「安居(あご)用水」とも呼ばれるそれは、安居の庄屋、鈴木七右衛門重秋の手づくりの暗渠という。

 

 日置地方は昔から水利に恵まれず、飢饉が相次いだ。とりわけ天明の大干ばつは、村の水稲を全滅させ、400人の村人は「水さえあれば」と嘆き悲しんだ。そこで重秋は、亡父が計画していた暗渠づくりを決心する。金比羅山に用水路を掘り抜いて、日置川の水を引き込むという大事業だった。

 

 「人の力ではとても無理だ」という村人の声を押し切り、私財を投げ出して着工した重秋は水垢離をしながらひたすら岩盤にノミをふるい、ついに文化2年(1805)、7年の歳月をかけて水路を開通させた。長さ273メートル、2メートル四方の暗渠は、こうして付近の水田をうるおしたという。

 

(メモ:神宮寺の日置川には、そのときつくられた、えん堤も残っている。国鉄紀勢線紀伊日置駅から12キロ。車で15分。)


三須和神社の安居村暗渠碑(鳥居の奥に見える)


※「暗渠(あんきょ)」とは、一般的に地下に埋設された水路(通常の水路にコンクリートなどで蓋をしたものも含む)を指す。本文にある暗渠(安居の暗渠)は、寺山地区と安居地区を灌漑するため、両地区より日置川の水位が高い向平地区から金比羅を貫いて寺山地区まで掘削された水路トンネルを指す。暗渠上流の導水路と下流の灌漑水路を含めた「安居用水」の全長は約1500メートルに達する。
※安居の暗渠は建設以来200年以上にわたって利用され続けてきたが、平成23年(2011)の紀伊半島大水害によって甚大な被害を被ったことにより利用を断念することとなった。
※「紀伊風土記」によれば、鈴木七右衛門重秋の家系について「家系は名草郡藤白浦の鈴木三郎の庶流で、代々当村に住す。永享(1438~1439)の頃、村中の洪水により記録の類は皆流失した」と記載されている。
白浜町安居の三須和神社境内には、鈴木七右衛門重秋と村民の協力による暗渠掘削の業績を讃えるため、紀州藩第11代藩主徳川斉順仁井田好古(にいだ こうこ/よしふる 江戸時代後期の漢学者で「紀伊風土記」の編纂責任者)に命じて作らせた石碑「安居村暗渠碑(別称 鈴木七右衛門頌徳碑)」がある。
※上記の石碑が劣化してきたことから、昭和57年10月、安居区、寺山区の住民により新たに神宮寺地内の県道日置川大塔線沿いに「鈴木七右衛門の碑」が建立された。
youtubeには、「【隠れた歴史】和歌山県白浜町 アニメ 安居の暗渠「七右衛門重秋」物語」という動画がアップロードされている。これは、紀州博物館学芸員の玉田傳一郎氏が個人で作成したものである。
*****
本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(※印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。