生石高原の麓から

かつて開設していた個人サイト「生石高原の麓から」の内容をブログ形式に移行しています

和佐大八郎 ~和歌山市称宣~

 弓のチャンピオン和佐大八郎は、昔の和佐村の出身。24歳のとき、京都・三十三間堂の「通し矢」で、一昼夜に8133本を記録、一躍日本一の弓の名手になったという。貞享3年(1686)4月のことだった。

 
 だが、晩年は恵まれず、田辺に幽開されたまま病死したとか。理由は弟、半六の女性問題ともいうが、大八郎の記録はライバルだった尾張審士の記録を破ってのもの。そのあたりに、この「不遇の晩年」を解明する手がかりがあるのかも……。

 

 その大八郎の墓が、称宣の山すその共同墓地の一角にある。高さ40センチばかりの小さな碑の側面にある刻字は「大八良」。そういえば、彼の名は「大八」だという説も。

 

(メモ:布施屋(ほしや)の国道24号線から南へ県道船戸海南線へ入って約3キロ、国鉄和歌山線布施屋駅からも同じくらい。墓の北500メートルほどのところに、母親が大八郎の成功を祈願したという「高積神社」がある。)

(出典:「紀州 民話の旅」 和歌山県 昭和57年)

f:id:oishikogen_fumoto:20200909133733j:plain

和佐大八郎の墓
  • 和佐大八郎範遠(わさ だいはちろう のりとお)は、寛文3年(1663)紀伊国和佐村禰宜(現在の和歌山市和佐)の生まれ。この人物について和歌山県が管理するWebサイト「わかやま歴史物語100」では次のように紹介している。

日本一の弓術家・和佐大八郎の偉業をたどる

 体力と技が必要とされる弓道で偉業を成し遂げた男が、和佐大八郎(わさだいはちろう)です。寛文3年(1663)和歌山に生まれた大八郎は、14歳にして身長が2mにも達したといわれる大男で、紀州藩の弓術師範指導のもと、弓の実力を伸ばしました。当時、京都の三十三間堂では全長約121mの軒下空間で弓を射通す「通し矢」が盛んに行われていて、武士がその弓の腕を競い合っていました。なかでも一昼夜(24時間)矢数無制限で射続ける「大矢数」が人気で、尾張藩星野勘左衛門が寛文9年(1669)に総矢数1万542本のうち8000本成功という大記録を打ち立てていました。これに挑戦、記録を打ち破ったのが貞享3年(1686)、当時24歳の大八郎。その総矢数1万3053本、うち8133本を成功させたというから驚きです。途中、大八郎が疲労で弓が引けなくなった際、見物人の一人が小刀で左手を切ってうっ血を取ってくれたため、弓を再開することができたといいます。その見物人こそが、記録保持者の星野勘左衛門だったという逸話も残されています。この大記録により、大八郎は「天下惣一」の名誉を得ることになりました。

 

  • 通し矢」は、京都市東山区にある蓮華王院本堂(通称 三十三間堂(さんじゅうさんげんどう))において、全長約121メートル、高さ4.5~5.3メートル、幅2.36メートルという長大な軒下空間で矢を射通す競技を指す。距離(全堂、半堂、五十間など)、時間(一昼夜、日中)、矢数(無制限、千射、百射)を組み合わせた様々なルールがあるものの、一般的には一昼夜(24時間)射続けて成功した数を競う「大矢数(おおやかず)」を指して「通し矢」と呼ぶことが多い。

 

  • 通し矢の記録を記した「年代矢数帳(慶安4年(1651)序刊)」に明確な記録が残るのは慶長11年(1606)の浅岡平兵衛が最初である。

    ja.wikipedia.org

  • 寛永12年(1635)に尾張藩杉山三右衛門が6,082射で3,475本成功という記録を挙げてからは共に紀州御三家である尾張藩紀州藩との威信をかけた闘いが始まり、交互に記録更新が続けられたが、寛文9年(1669)に尾張藩星野勘左衛門が打ち立てた10,542射で8,000本成功という記録(しかも星野は6時間を残して余裕をもって競技を打ち切ったとされる)は空前にして絶後であると言われ、その後17年間にわたり破られることはなかった。

 

  • 貞享3年(1686年)、当時24歳であった和佐大八郎は一昼夜にわたり総矢数13,053本を放ち、うち8,133本を成功させた。これを24時間で割り戻すと1時間あたり544本、1分あたり約9本のペースで121m先の目標に向けて矢を放ち続け、そのうち62%を成功させたことになる。

 

  • このとき、大八郎は疲労により一旦は弓が引けなくなったものの、見物人の中から一人の武士が近づいて小柄(こづか 小刀)で左手を切ってうっ血を取り去ってくれたことにより再び射ることができるようになった。その武士こそが前記録保持者の星野勘左衛門であった、とのエピソードが語り継がれている。
  • このエピソードの出典は未確認であるが、Wikipediaの「和佐範遠」の項によれば、宇野要三郎著「現代弓道講座 第3巻射法編(下)雄山閣 1994)」に記載があるとされている。
  • 昭和20年(1945)に公開された成瀬巳喜男監督・東宝製作の「三十三間堂通し矢物語」は、和佐大八郎星野勘左衛門を主人公とした映画である。この映画では、長谷川一夫扮する星野勘左衛門が大八郎の偉業達成を支援しようとするものの、ライバルからのアドバイスに疑心暗鬼となる大八郎の姿などが描かれている。具体的な内容については下記の個人サイトに詳しい。
    『三十三間堂通し矢物語』
  • 少年漫画誌週刊少年キング少年画報社」で1969年48号から1970年22号まで連載された平田弘史の「弓道士魂(きゅうどうしこん〜京都三十三間堂通し矢物語〜」もまた本文の物語をテーマとした漫画である。この漫画は連載終了後も複数回にわたって再刊されており、2006年には星雲社から「弓道士魂 完全版」が発行された。
    弓道士魂 - Wikipedia

 

  • 大八郎の記録以後も大矢数は続けられたが記録更新はならず、18世紀中期以降はほとんど行われなくなった。現在、三十三間堂は国宝となっており当時のように記録更新をめざした競技会を行うことは不可能であるため、大八郎の持つ8,133本という記録は今後も破られることはないと思われる。
  • これにより尾張藩との長年の競争に決着をつけることとなった紀州藩の喜びは熱狂的であったと伝えられ、第2代藩主徳川光貞公も紀の川八軒屋船着き場まで直々に出迎えをし、知行300石を与えたと言われる。

 

  • 晩年は不遇で、宝永6年(1709)に田辺城に幽閉されて正徳3年(1713年)、病により田辺城内の長ヶ蔵で51年の生涯を終えた。幽閉された理由については不明な点が多いが、上述のWebサイト「わかやま歴史物語100」では、次のように説明されている。

和佐大八郎が田辺市に流された理由とは?
 既婚の婦人に恋文を送るということが大きな罪に問われる時代、突如大八郎の妻の元に恋文が届きました。大八郎はなぜか差出人を調査しませんでしたが、後日、差出人が大八郎の弟と判明。大八郎が弟をかばう形で家来に罪を被せようとしたことで藩主の逆鱗に触れ、和歌山市から田辺市に流されたといわれています。

 

  • 和佐大八郎の墓は、田辺市浄恩寺田辺市古尾)にもある。また、同寺に伝えられていた大八郎愛用の弓2張が田辺市弓道に寄贈され、道場内に常設展示されている。(「わかやま歴史物語100(上述)」参照)

 

 

*****
本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻し、必要に応じ注釈(●印)を加えたものです。注釈のない場合でも、道路改修や施設整備等により記載内容が現状と大きく異なっている場合がありますので、ご注意ください。